外国人技能実習制度のことならPACIFIC企業創造協同組合へ

PACIFIC企業創造協同組合お問い合わせ

外国人技能実習制度

技能実習制度とは

目的は、海外の若者に技術を教えることです

技能実習制度は、日本の企業で発展途上国の若者を技能実習生として雇用し
実務を通じて学んだ実践的な技能や知識を
帰国後、母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。

 



 

技能実習制度とは

 

技能実習制度を利用することで、
国際化のきっかけとなり、自国の国際貢献に繋がります。

 

 

一貫してサポート

 

PACIFIC企業創造協同組合は
技能実習生と受入れ企業様の間に入り、
事前の日本語教育や手続きまで、一貫してサポートをいたします。

 

 

 

外国人技能実習制度の全体像

外国人の採用が初めてという企業様もご安心ください

技能実習生は3年(最長5年)の間、受入れ企業の元で雇用が可能で、
実習後は母国へ帰国する必要があります。
入国前、実習中、帰国後と各フェーズにおいて、多くの企業様にとって
初めての経験になるかと思いますので、
組合がしっかりとサポートさせていただきます。

 

実習全体像

外国人技能実習制度のことならPACIFIC企業創造協同組合へ。
事前の日本語教育から、手続き・監理まで一貫体制でサポートします。

 

技能実習制度を利用することにより、
実習生の母国と日本の受入れ企業の双方にとって、
国際化のきっかけとなり、自国の国際貢献に繋がります。

受入れ企業のメリット

企業にもメリットがある技能実習制度

外国人技能実習制度は、発展途上国の産業発展への貢献を目的とした制度ですが、
技能実習生を受け入れていただく民間企業の協力が不可欠です。
受け入れていただく企業様には様々なメリットがございます。

 

 

企業力
人材育成力の強化

これからの日本では、少子高齢化にともなう労働力不足を切り抜け、グローバル化に取り残されずに発展することが求められます。
そのためには、優秀な人材を厳選し確保することよりも、どのような人材でも育てることができる、人材育成力を強化することが企業の強みになります。
海外の人材マーケットにも目を向け、技能実習生を受入れることで、人材育成力の強化に繋がります。

風土
社内の活性化

従業員の高齢化が進んだ会社では若い技能実習生たちが交わることにより職場が活性化します。
また、技能を習得して母国で活躍したいという実習生たちは熱心に働きますので、実習生の意欲的な働く姿が日本人従業員にとって刺激となります。

国際感覚が育つ

実習生との異文化交流を通して社内の国際化が進みます。
また、実習生に技能を教えるということも職務に誇りをもち職業意識が向上します。教える工程の中で、マニュアル等を見直し業務効率が改善にも繋がります。

経営
アジア市場への進出

貴社で共に働いた絆の深い人材と繋がりをもち、アジア市場への進出の足がかりとなります。

経営の国際化

社内の国際化が進むことでグローバル企業としてイメージアップが図れます。
また、実習生の帰国後も海外企業との関係が強化され、海外取引の拡張、海外拠点の設立時に実習生が主要な人材になり得ます。

 

 

 

 

まずは、説明会にお越しください。

 

説明会のお申込み随時開催

0529712552 お申込みフォーム



Copyright(C) PACIFIC BUSINESS CREATION COOPERATIVE All right reserved.